Skip to content

関西発のかにバスは多くあります

特に日本海側を中心として、冬場にかにを大量に水揚げする港は多く、港周辺ではかに料理が名物となっているところもあります。都市部に住んでいる場合、港で水揚げされたかにを食べるためには、スーパーや通販で購入することが、多く行われています。

しかし、かにバスのツアーを利用して、港に近いホテルや旅館などに移動し、地元でかにを食べることも可能です。また、水揚げあされた場所の近くに行くと、保存のために冷凍される前のかにを食べられます。

そのため、鮮度が高く、美味しいかに料理を堪能することが可能です。かにバスの出発地点となっている場所は、数多くあります。特に、関西には、関東に次いで大規模なバスターミナルが多いので、多くのツアーの出発地点になっています。

かにバスが関西発となっていることは多く、梅田や京都、三宮や姫路が、出発地点になっていることが多いです。関西発のかにバスの行先は、近畿圏内が多く、城崎や浜坂、香住などの、兵庫県北部に特に集中しています。しかし、遠方に行くものでは、福井県、石川県、鳥取県など、日帰りでは行けない場所のツアーもあります。

その場合には、旅館やホテルなどで、一泊することが通常です。関西発のかにバスの料金は、あまり高くはありません。ツアーによっては、1万円以下で参加できるものもあり、非常に経済的です。しかし、高級なかにを食べることができたり、宿泊日数が多くなるものでは、費用はさらに増加します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *