Skip to content

関西発のカニバスの種類

海に面していない都市の人でも、冬場の味覚の代表選手のカニを、新鮮なままに堪能できるようにするために企画されているのが、いわゆるカニバスとよばれるものです。

カニの水揚げの最盛期が冬場となっていることから、運行期間も冬場だけに限定されてしまうため、それ以外のシーズンには、インターネットなどでもなかなか情報が得られないことがあります。
関西発のカニバスは、例年多くの本数が運行していますが、こうしたカニバスにもいくつか種類があり、利用のしかたも異なります。まずは、あらかじめ企画されたツアーの一部としてカニバスが組み込まれて、旅行代理店などが募集をしているパターンです。

この場合、旅行会社が企画をした内容がチラシやパンフレットに掲載されていますので、それを見て気に入った場合に、募集に対する申し込みをすることになります。
自由行動などの注記がないかぎり、当日の日程や宿泊場所などは決められたとおりに進みますので、便利ではある反面、個人の自由がきかないもどかしさもあります。ただし、関西発着のバス料金と宿泊料金がセットになっていて、しかも団体割引が適用されますので、価格としてはリーズナブルな水準です。

そのほか、関西発のカニバスのなかには、乗合バスとして運行しているものがあります。こちらは企画されたツアーに対して応募するのではなく、市中を走っている一般的な公共交通機関のバスと同様に、現地への便利な移動手段として利用するものです。日程の制約はありませんので、個人として自由にプランニングすることが可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *