Skip to content

関西発のカニバスと途中の見どころ

冬のシーズンだけ運行するカニバスは、カニの水揚げが盛んに行われている日本海沿岸の都市までバスで出向いて、そこで新鮮なカニ料理を満喫する趣旨で企画されたツアーのひとつです。

提供されるカニ料理としては、鍋料理、しゃぶしゃぶ、刺し身、甲羅焼きなど、いろいろな種類があり、ツアーによっては食べ放題として、好きなだけ料理が食べられるようになっていることもあります。関西発のカニバスのツアーも比較的多く、大阪や神戸、京都などの主要な都市から出発するプランになっているのが一般的といえます。

こうした関西発のカニバスには、高速道路を使い、できるだけ移動にかかる時間を切り詰めて、現地での食事だけにターゲットを絞り込んだ、日帰りのプランもあります。しかし、関西発のカニバスのほとんどは、現地に宿泊滞在する日程となっており、時間的な余裕がある分だけ、バス移動の途中にある観光スポットなども巡ります。

こうした途中下車のスポットとしては、世界遺産で有名な白川郷の合掌造り集落、日本三景として有名な天橋立、数々の文豪が訪れた城崎温泉などがあり、通常は時間を決めて自由行動として、散策や買い物などができるようにしています。宿泊に関しても、現地にある温泉旅館、温泉ホテルが宿泊施設に充てられていることが多く、名物になっているカニ料理だけではなく、温泉のほうも楽しむことができるところは、関西発のカニバスならではということができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *