Skip to content

Category: 宿泊

関西発のかにバスは多くあります

特に日本海側を中心として、冬場にかにを大量に水揚げする港は多く、港周辺ではかに料理が名物となっているところもあります。都市部に住んでいる場合、港で水揚げされたかにを食べるためには、スーパーや通販で購入することが、多く行われています。 しかし、かにバスのツアーを利用して、港に近いホテルや旅館などに移動し、地元でかにを食べることも可能です。また、水揚げあされた場所の近くに行くと、保存のために冷凍される前のかにを食べられます。 そのため、鮮度が高く、美味しいかに料理を堪能することが可能です。かにバスの出発地点となっている場所は、数多くあります。特に、関西には、関東に次いで大規模なバスターミナルが多いので、多くのツアーの出発地点になっています。 かにバスが関西発となっていることは多く、梅田や京都、三宮や姫路が、出発地点になっていることが多いです。関西発のかにバスの行先は、近畿圏内が多く、城崎や浜坂、香住などの、兵庫県北部に特に集中しています。しかし、遠方に行くものでは、福井県、石川県、鳥取県など、日帰りでは行けない場所のツアーもあります。 その場合には、旅館やホテルなどで、一泊することが通常です。関西発のかにバスの料金は、あまり高くはありません。ツアーによっては、1万円以下で参加できるものもあり、非常に経済的です。しかし、高級なかにを食べることができたり、宿泊日数が多くなるものでは、費用はさらに増加します。

Leave a Comment

かにバスツアーでかに三昧

日帰りや宿泊でツアーを利用する人は多いです。ご自身で個々のお店や宿泊先を予約するよりも、はるかに安く利用できるからです。これからのシーズンは、かにバスツアーの広告が多く、旅行代理店の店頭や、新聞の広告欄などに格安のプランが紹介されます。 気軽にカニを味わいたいと思う人は、日帰りにすればよろしいですし、ゆっくりとあらゆるカニ料理を堪能して、ゆっくりしたい、温泉などにも入り、お酒も楽しみたいという人は、宿泊にすればよろしいです。日帰りの場合ですと、時間がないということもあり、ボイルしたカニの足などしか食べられない場合もあります。 食べ放題プランもありますが、足だけではなく、カニみそも食べたいというような人には、お勧めはできません。カニはさまざまな食べ方があります。新鮮なカニならば、刺身として食べることもできますし、焼きカニや、鍋料理を楽しむこともできます。 最後にはカニ雑炊などを食べることもできます。かにバスツアーで重要視することは、食べられるカニの種類などを調べる必要があります。ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニなどさまざまな種類があります。また、カニの産地に行くツアーでなければ、新鮮なカニが食べられないので、北陸地方などの日本海側に向うプランがよろしいです。また、かにバスですから、バスの快適性を調べる必要もあります。 豪華なバスならば疲れることはありませんが、粗末なバスですと、移動するだけで疲れてしまいます。インターネットで検索をしますと、あらゆるかにバスツアーの広告を見ることができます。よく内容を吟味することが大切です。

Leave a Comment

かにバスツアーを利用してかにを楽しむメリット

かにを食べたいというときに近くのお店で食べることもできる地域は少なくありません。飲食店産業が発展してきたことによってシーズンになれば各地のかにを取り寄せて料理をして提供してくれる飲食店が多くなっています。 しかし、それでもなおシーズンにはツアー旅行のプラントしてかにを題材としたものが多数登場し、多くの旅行客が活用しているのが現状です。このような時代でもあえてかにバスを利用してかにを楽しむ人が絶えないのはメリットがあるからに他なりません。かにバスツアーを利用すると付加価値があるのが最大のメリットです。 かにの産地に直行して捕れたてのかにを食べられるタイプのかにバスツアーは高い人気があります。また、山奥に行って料亭や旅館でかにを食べるタイプのプランもありますが、その場合にはスキーや温泉を合わせて楽しんで来ることができるのが魅力です。あまり交通の便が良くない場所でもバスで連れて行ってもらえるので心配もありません。 また、かにバスツアーに参加すると他の参加者とのコミュニケーションが取れるのもメリットになります。友達同士や家族で参加している人もいますが、一人で参加している人も少なくありません。自然に一人で参加している人は一緒のテーブルで食事をすることが多く、かにという同じ趣味を持った知人ができることもあります。 気の合う人が見つかると食事もさらに美味しくなるというメリットがあるのがかにバスツアーです。

Leave a Comment